母性溢れる風俗嬢に癒やされ

風俗はある種のファンタジーでしょう

風俗はある種のファンタジーそのものなんじゃないのかなって思っています(笑)茶化している訳じゃなく、理想の世界だったり、あるいは日常生活の中ではなかなか出来ないようなことを楽しめるという点ではこれ以上のものはないんじゃないのかなって思うんですよね。いろんな楽しさがあるのは間違いないんです。それだけに、風俗での時間は自分にとって有意義というレベルではなく、これ以上の娯楽はないだろうとさえ思っています。実際に遊んでみると気付かされるんですけど、やっぱり楽しいものなんですよ(笑)そして、その楽しさは自分だけの力では日常生活の中では得ることが難しいものなんじゃないのかなとも思いますので、風俗で遊ぶということは一種の非日常に触れ合うということです。おそらく風俗でなければ得られない気持ちにさせられるという点でも、やっぱり風俗の存在はファンタジーと言っても差支えない程、自分に非日常をもたらしてくれるかなと。